いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は不動産を利用した相続税対策について記載致します。

 

不動産投資が相続税対策になる理由として、相続税課税対象額を
減らすことができるからです。


なぜその様なことができるのかと言うと、土地や建物は実際の
価値よりも相続税評価額のほうが低いことが多いからです。


相続税評価額とは、積算評価とほぼ同じ概念です。


現在の市場では販売価格の方が積算評価よりも高い金額で取引される事が
多く、このギャップを利用して、相続税対策をされている方がいらっしゃいます。

 

その為、積算評価が高いことは融資を受ける際にはプラス要因ですが
相続税対策としてはマイナス要因になり得ると事がございます。


相続課税額の計算式
(相続税課税対象額-基礎控除額)×税率(累進税率)=相続税額


仮に、現金1憶円をもっていた場合、相続税課税対象額は1憶円に対して
そのままかかります。


しかし、現金1憶円で物件を取得し、その物件の評価額が6,000万円だった場合
課税対象額は6,000万円まで、減額され相続税を軽減することが可能です。


簡単ではございますが、不動産が相続税対策になる仕組みは上記の通りです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。


トップへ戻る