東京・神奈川・埼玉・千葉の収益1棟物件で
資産形成と資産防衛をトータルコンサルティング

FAMILY AGENT 株式会社ファミリーエージェント

資産形成・資産防衛に関するご相談はこちら 03-6280-6816

東京圏の収益1棟物件お問合せはこちら

REAL ESTATE INVESTMENT COLUMNスタッフ不動産投資コラム

2018.06.05

【国勢調査からエリアを判断する】

いつもご覧頂きありがとうございます。
ファミリーエージェント香取です。

 

 

本日は【国勢調査からエリアを判断する】という内容を
上大岡駅エリアを例にお話しさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

上大岡駅は京浜急行電鉄・横浜市営地下鉄の急行停車駅であり、
横浜南部最大規模のバスターミナルを有しており、横浜市の人気エリアです。

 

 

 

 

 

世帯数や人口も増えており、単身者も増えているというデータもあり、
新築アパートを上大岡エリアで購入される方が多い印象です。

 

↓上大岡駅築3年以内アパート賃貸募集状況↓

https://suumo.jp/chintai/kanagawa/ek_09090/nj_101/

 

 

 

 

 

ここまでの情報を踏まえ、
本題の【国勢調査からエリアを判断する】の視点で上大岡エリアを見てみます。

 

 

 

上大岡エリアの国勢調査は以下の画像の通りとなっております。

 

国勢調査を見てみると、人口も世帯数も増えておりますが、
新築アパートのメインターゲットの層は、
人口減少しております。

 

一方、40歳以上の年齢の層が増えていて、
人口・世帯数・単身者が増えているのであれば、
中古アパートが狙い目なのではないかという
考え方もあります。

 

中古アパートは当然、修繕リスクは当然ありますが、
新築と比べ、短期で利益を確定できる点や、
将来の不確実性を考え、利益確定は早い方がいいというスタンスで
考えると、個人的に上大岡エリアでは中古アパートがオススメです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

一覧へ