東京・神奈川・埼玉・千葉の収益1棟物件で
資産形成と資産防衛をトータルコンサルティング

FAMILY AGENT 株式会社ファミリーエージェント

資産形成・資産防衛に関するご相談はこちら 03-6280-6816

東京圏の収益1棟物件お問合せはこちら

REAL ESTATE INVESTMENT COLUMNスタッフ不動産投資コラム

2018.02.08

【確定申告の季節!】税務調査が入る仕組みご存知ですか?

【確定申告の季節!】税務調査が入る仕組みご存知ですか?

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

ファミリーエージェントの堀内です。

確定申告の季節となりましたので税務調査が入る人はなぜ入ってしまうか?

について書かせて頂きます。

※本物件は脱税行為を推進するものではなく、正しい情報を身に着け適正な申告の元タックスコントロールを行って頂くためのものであり、
 改正は常に行われており国税当局は情報を開示していない為今までに税務調査の入った事例などの情報を元に一般的に類推されている情報であり、
 本記事の内容に起因した問題が発生した場合も何ら責任を負うものではございません。

KSKシステムをご存知でしょうか?

KSKシステムとは国税局が申告データや個人資産データなどを管理するために導入されているシステムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人為的にすべての申告書類に目を通し問題の「ある」「なし」を判断するのは非効率的であるために

まずはデータでの異常値を検出するKSKシステムを通しアラートのなったものを

人為的に数十件に絞り調査対象を選別するというのが、

現在の国税の管理方法といわれています。

その為、このKSKをすり抜けてしまえば一般的には、税務調査は来ないといわれています。

それでは、どういったポイントでこのアラートが鳴るのでしょうか?

細かい条件がいくつもあるようですが、

大きなものでいうと

・前年度とくらべ売上や科目別の経費率などの変動差が激しい

・経費額が一科目あたり〇百万円を超えた

といったものがあります。

その為、経費計上科目を細分化し売り上げ規模に対しあまり大きな額にならないように工夫するなどで対策できることがあります。

申告の仕方の工夫で不要な税務調査などで時間を潰されないように、

適正な申告をしつつ税務調査を回避頂ければと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

一覧へ

カテゴリ

アーカイブ