東京・神奈川・埼玉・千葉の収益1棟物件で
資産形成と資産防衛をトータルコンサルティング

FAMILY AGENT 株式会社ファミリーエージェント

資産形成・資産防衛に関するご相談はこちら 03-6280-6816

東京圏の収益1棟物件お問合せはこちら

REAL ESTATE INVESTMENT COLUMNスタッフ不動産投資コラム

2019.01.28

団体信用生命保険と不動産投資

いつもコラムをご覧頂きありがとうございます。
ファミリーエージェント香取です。

 

 

本日は「団体信用生命保険と不動産投資」について
お話させて頂きます。

 

団体信用生命保険とは、

住宅ローンを組んだ方が死亡または所定の高度障害状態になられたとき、
その保険金で住宅ローンを返済するための生命保険です。

 

 

 

 

 

 

よく、営業トークで「団体信用生命保険があるので、万が一の時も安心です」
といったワードは聞きますが、果たしてそれは、不動産投資においてはどうなのでしょうか。

 

 

 

 

不動産投資において、本人の健康状態は、融資を受けるうえでは重要となってきますが、
収益を上げるうえでは、本人の健康状態は重要度が下がってきます。

 

 

不動産投資において、万が一の時でも

・収入>返済

・売却可能価格>残債

であることの方が重要なのではないでしょうか。

 

 

 

 

弊社のお客様には、物件を購入する際、

 

団体信用生命保険がある→万が一の時でも安心

ではなく、

 

 

・収入>返済

・売却可能価格>残債

なので、万が一の時でも安心できるような物件を購入して頂ければと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

一覧へ