東京・神奈川・埼玉・千葉の収益1棟物件で
資産形成と資産防衛をトータルコンサルティング

FAMILY AGENT 株式会社ファミリーエージェント

資産形成・資産防衛に関するご相談はこちら 03-6280-6816

東京圏の収益1棟物件お問合せはこちら

REAL ESTATE INVESTMENT COLUMNスタッフ不動産投資コラム

2019.02.26

東京経済圏への人口集中と不動産投資

 

いつもコラムをご覧頂きありがとうございます。

ファミリーエージェント香取です。

 

本日は東京経済圏への人口集中と不動産投資について書いていきます。

 

上記画像は2019年2月25日の日経新聞の記事となります。

記事の中で、

「人口の東京一極集中が止まらない。
2018年の転出入で東京圏1都3県の日本人の人口は13万5600人純増した。
増加は23年連続で、ここ5年で最大だ。」と記載されております。

 

東京経済圏への人口推移は増えておりますが、

一方で、地方の人口は減少しております。

 

 

国土交通省が出したデータによると、
2010年と2050年を比較して、
人口が50%以上減るエリアが44%となっております。

 

 

 

人口減少フェーズにある日本において、人の流れは、都市圏に集中する傾向がございます。

 

 

 

 

人口が半減しても、賃貸需要が0になる事は考えづらいですし、

やりようによっては、キャッシュフローを得ることは、できる可能性はなくもないですが、

 

人口の大幅減少による資産価値下落が起きてしまうと、

投資をやめるにやめれない状態が続く危険性がございます。

 

人口減少だけが資産価値下落の要因ではないですが、

利回りや積算価格だけを重視して物件購入はしない方が良いと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

一覧へ