東京・神奈川・埼玉・千葉の収益1棟物件で
資産形成と資産防衛をトータルコンサルティング

FAMILY AGENT 株式会社ファミリーエージェント

資産形成・資産防衛に関するご相談はこちら 03-6280-6816

東京圏の収益1棟物件お問合せはこちら

REAL ESTATE INVESTMENT COLUMNスタッフ不動産投資コラム

2019.03.28

賃貸住宅市場レポートと稼働空室率

 

いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。
ファミリーエージェント香取です。

 

 

 

空室についての考え方として、

 

 

時点空室率(全戸数に対する空室数の割合)
稼働空室率(1年間の稼働日数に対しての空室日数の割合)
賃料空室率(1年間の満室賃料に対しての家賃収入の割合)

 

 

大きく分けて、上記3つに分類されますが、

 

 

 

本日は賃貸住宅市場レポートと稼働空室率について、お話させて頂きます。

 

 

 

 

株式会社タスが発行している
賃貸住宅市場レポート(2019年3月)によると

 

 

空室になった部屋の募集期間(平均)について、

 

 


東京都23区:2.63ヶ月
神奈川県 :3.98ヶ月
千葉県  :3.24ヶ月
埼玉県  :3.27ヶ月

というデータが出ております。

 

 

 

 

一般的にシングルタイプが4年程度
ファミリータイプが6年程度の入居となるため、

 

 

 

 

 

千葉県シングルタイプの稼働空室率を
机上の数字で出してみると、

4年入居   ≒1460日
3.24ヶ月空室≒97.2日

といった数値となり、

約1558日(入居期間+空室期間)のうち、
98日が空室であり、稼働空室率は約6.3%という机上のデータが出てきます。

 

 

 

東京都23区シングルタイプの稼働空室率を
机上の数字で出してみると、

4年入居   ≒1460日
2.63ヶ月空室≒78.9日

といった数値となり、

約1539日(入居期間+空室期間)のうち、
79日が空室であり、稼働空室率は約5.1%という机上のデータが出てきます。

 

 

 

 

 

当然、物件個別でしっかりと精査していく必要がございますが、
23区でも当然空室は出ますし、23区以外でも賃貸需要が無くなることは考えづらいです。

 

 

本日は稼働空室率ベースで机上のデータで比較してみると、
立地に関して、必要以上にマイナスで見る必要はないという事を
ご説明させて頂きました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

一覧へ