東京・神奈川・埼玉・千葉の収益1棟物件で
資産形成と資産防衛をトータルコンサルティング

FAMILY AGENT 株式会社ファミリーエージェント

資産形成・資産防衛に関するご相談はこちら 03-6280-6816

東京圏の収益1棟物件お問合せはこちら

REAL ESTATE INVESTMENT COLUMNスタッフ不動産投資コラム

2018.03.28

賃貸需要の大切さ

いつもご覧頂きありがとうございます。
ファミリーエージェント香取です。

 

本日は賃貸需要の大切さについて、
お話しさせて頂きます。

 

「アットホーム調べ」によると、
2018年1月、アットホーム株式会社の全国不動産情報ネットワークに登録され成約した、
首都圏(1都3県)の賃貸物件は20,667件となり、

前年同月比 2.0%減少し 7 か月ぶりにマイナスになっております。

 

東京23区が同8か月連続、千葉県が同 7 か月連続増加と好調だったものの、

 

大雪の影響か、都下が同 8 か月ぶりに減少に転じたほか、
神奈川県・埼玉県では減少幅が広がりました。

ただ新築物件の成約は、マンションが同6か月連続増、アパートは同8か月連続増と

堅調に推移、神奈川県の新築アパートは 2 か月連続二ケタ増となっています。

 

融資が付くから物件を購入した。

 

積算がでるから需要が少ない地方のRCを購入した。

 

土地値がでるから要修繕の築50年近いアパートを購入した。

 

 

すぐ転売できるのであれば話は別ですが、
不動産投資は基本的には、5年~10年の投資になり、
その間銀行への支払いを支えてくれるのは、入居者からの家賃になります。

 

純資産増加型不動産投資において、
一番大事なのは購入価格ですが、安定した運営をするためにも、
弊社のお客様には、賃貸需要があるかどうかを判断した上で、
購入して頂きたいと思い、記事を書かせていただきました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

一覧へ

カテゴリ

アーカイブ