東京・神奈川・埼玉・千葉の収益1棟物件で
資産形成と資産防衛をトータルコンサルティング

FAMILY AGENT 株式会社ファミリーエージェント

資産形成・資産防衛に関するご相談はこちら 03-6280-6816

東京圏の収益1棟物件お問合せはこちら

REAL ESTATE INVESTMENT COLUMNスタッフ不動産投資コラム

2019.04.17

長期投資について

いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。
ファミリーエージェント香取です。

 

本日は長期投資についてお話させて頂きます。

 

長期投資の定義は様々だとは思いますが、

銀行員などが投資信託を販売する現場では長期投資の
目安として3~5年程度
と言うことが多いようです。

 

株式と並んで資産運用の定番である国債の世界では、
償還期間(投資した債券の元本が返ってくるまでの期間)により次のように分類されています。

 

 

短期国債:1年以内のもの
中期国債:1年を超え、5年以内のもの
長期国債:5年を超え、10年以内のもの
超長期国債:10年を超えるもの

 

 

単に長期国債というと通常は償還期間が10年のものを指すことが多いようです。
株式についても長期の目安として10年という人もいます

 

 

不動産投資に関しては、税率の関係で5年以上は保有していた方が
効率が良いため、上記の長期投資の目安と比較すると、
ほとんどが長期投資になる傾向がございます

 

 

長期投資の原則として、成長するものに投資するのが鉄則でございます。

 

 

日本の不動産の価値が成長し続ける(価格が上がり続ける)とは、
考えづらいですが、どのように私が考えているかを次のコラムで
お伝えさせて頂ければと思います。

一覧へ