東京・神奈川・埼玉・千葉の収益1棟物件で
資産形成と資産防衛をトータルコンサルティング

FAMILY AGENT 株式会社ファミリーエージェント

資産形成・資産防衛に関するご相談はこちら 03-6280-6816

東京圏の収益1棟物件お問合せはこちら

AGENT INFORMATION不動産投資AGENT情報

2019.02.04

共同担保の有用性について

本日は、弊社ブログにて配信させて頂いてる記事の中でも人気が高い、共同担保についてでございます。

 

現在の金融情勢におきましては、お客様のご属性が良かったとしても、物件の評価が高かったとしても、中々融資額を伸ばしていくというのが非現実的でございます。

 

しかし、そこで有用的なのが【共同担保】の存在でございます。

 

この共同担保とは、他に所有している物件にて、『残債(借入)が減っている』or『残債(借入)がない』というような物件をお持ちの方であれば、購入物件と一緒に担保提供をすることで、融資額を伸ばしていくも可能となります。

 

そのため、以前に購入した自宅の返済が済んでいる、数年前に購入したアパートの残債が減っている等というような場合に、担保余力があるとしてファイナンスより見てもらうことが可能です。

 

上記内容については、投資家様の中でも聞いたことがある内容ではないでしょうか?

 

そして、ここからが本題でございます。

 

しかし、ながら担保余力があれば、融資額を伸ばすことができるというのは、金融機関におていも限りがございます。さて、これはなぜかという点です。

 

 

基本的に共同担保につきましては、「物件の資産評価の補てん」というのが大原則でございます。

 

そのため、仮に残債のない一等地の物件を担保に入れるからフルローンで!という要望があった場合であっても、
購入する物件の《利回りが低いand(or)融資期間が取れない》というような物件であった場合には、希望通りの融資にならないというケースが多々ございます。

 

これが、物件単体で収支が回るかどうか
⇒《収益評価》という考え方でございます。

 

そのため、なんでもかんでも共同担保に提供するからと言って、融資が見込めるとは限りません。

 

ですが、例外的に共同担保さえ提供してくれれば、(担保余力が十分であれば)収支面に関しては大きくみません!なんていう、ファイナンスもございます。

 

このようなファイナンスを利用することによって、不動産については同じものは存在しないため、

★利益額が少なくとも本件を取得していきたい

★今は収支は出ないけれど、将来的に利益が見込める

★手元にお金はあまりないけれど、今後繰り上げ返済をし収支改善ができる

と、物件の取得確率というのは格段に上がることでしょう。

 

このように、この不動産を用いて資産形成を行っていくには、残債(借入)の少ない物件を所有していることは、資産形成を加速させていくのに、とても武器となります。

 

例え、所有している物件の借入が多額であったとしても、購入時の金額や、エリアによっては、個別具体的な判断となりますので、一度、弊社までご相談頂ければと思います。

 

 

【弊社お客様の実例】

 

例①)
総借入額:2億円
担保提供:北海道戸建て3戸
購入物件価格:千葉県市川市7,000万円

 

例②)
総借入額:1.5億円
担保提供:新宿区自宅
購入物件価格:八千代市2,500万円、相模原市5,500万円、松戸市5,000万円

 

最後までご覧頂きましてありがとうございます。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

次回の更新につきましては、「こんな便利な共同担保だが果たしてデメリットは何か?」について投稿をさせて頂きます。

是非ご覧頂ければと思います。

一覧へ