東京・神奈川・埼玉・千葉の収益1棟物件で
資産形成と資産防衛をトータルコンサルティング

FAMILY AGENT 株式会社ファミリーエージェント

資産形成・資産防衛に関するご相談はこちら 03-6280-6816

東京圏の収益1棟物件お問合せはこちら

AGENT INFORMATION不動産投資AGENT情報

2019.04.18

土地値について

以前、弊社のお客様で他社様から物件を提案され、土地値の価格について一般流通機構の「在庫」の価格で提示されていたケースがございました。

 

実際に物件の土地値がいくらか考える際に「成約」の価格ではなく「在庫」の価格で見る場合に関してはほぼ無意味です。

 

「在庫」で出されている土地に関してはまだ「売れていない」土地になりますので、売主様の希望の価格であることがほとんどです。

 

極端な話、私が売主の場合に坪単価10万円の土地を坪単価100万円で売りに出すことも可能です。

 

基本的に上記のような場合は買い手の方がつきませんので、売主が土地を売却した場合には坪単価を下げざるを得ない状態になります。

そのため、一般流通機構で出されている「在庫」の価格に関しては基本的には相場よりも高くなっております。

 

場合によっては、相場ぐらいの価格で出されていることもございますが、その場合はすぐにお客様から申し込みが入るかと思いますので、すぐに「在庫」から無くなってしまいます。

 

その相場の価格に関しても、決められる要素がいくつかあり、

・土地の形状
・間口
・接道
・面積
・駅距離(エリア)

など総合的に決められる価格になりますので、駅距離や土地の形状を無視して価格が決められることはございません。

 

業者様によっては、一般流通機構で「在庫」として出されている価格でお客様に提示されるケースもございますので、

 

土地値と言われる物件を検討される際は土地の成約事例にもご注意ください。

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

一覧へ