東京・神奈川・埼玉・千葉の収益1棟物件で
資産形成と資産防衛をトータルコンサルティング

FAMILY AGENT 株式会社ファミリーエージェント

資産形成・資産防衛に関するご相談はこちら 03-6280-6816

東京圏の収益1棟物件お問合せはこちら

AGENT INFORMATION不動産投資AGENT情報

2017.07.19

急増する国内外国人人口・世帯数

所有する収益物件のエリアによっては、外国籍の入居者が非常に多いエリアがあるように感じている方も多いのではないでしょうか。

 

物件によっては、外国籍の方が半数を占める物件もございます。入居者の属性については出身国や年齢によってもことなりますが、日本語を話せる外国籍の方も少なくないようです。

 

外国籍の方の増加に関して「ニッセイ基礎研究所」よりレポートが出てましたので記載いたします。

 

日本国内では日本人人口が減少する一方で外国人の人口と世帯数が急増している。2016年の一年間に日本人は全国で▲31万人減少したが、外国人は+15万人増加し、外国人需要は国内不動産市場にとって重要な分野となりつつある。本稿では、国内の外国人による不動産需要を考える上での参考となるよう、外国人人口に関する基本的項目を全国と主要都市、そして特に東京都区部に関して整理する。

 

 

《外国人労働者と留学生の増加》
近年、日本で働く外国人労働者や日本への外国人留学生が急増している。厚生労働省によると、2016年に国内の外国人労働者数は108万4千人と初めて100万人を超え、前年からの増加は17万6千人(増加率は+19.4%)に達した(図表-1)。外国人留学生も大幅な増加が続いており、日本学生支援機構によると、2016年5月時点の留学生は23万9千人で、前年比+3万1千人(+14.8%)の増加だった(図表-2)。

 

 

 

 

 

 

一覧へ