東京・神奈川・埼玉・千葉の収益1棟物件で
資産形成と資産防衛をトータルコンサルティング

FAMILY AGENT 株式会社ファミリーエージェント

資産形成・資産防衛に関するご相談はこちら 03-6280-6816

東京圏の収益1棟物件お問合せはこちら

AGENT INFORMATION不動産投資AGENT情報

2019.04.11

新年度⇒融資情勢に変化はあったのか

本日は多くの方が気になっているであろう、直近の融資の情勢についてでございます。

 

銀行も3月末という決算期を迎え、ひと段落した頃合いではないでしょうか。

 

しかし、この3月末という決算期を境に、融資が厳しくなっている銀行が複数あるのは事実でございます。

 

現に、弊社のお客様でも、4月末に実行を予定しておりました案件にて、融資額の減額を受けてしまった案件が複数件ございます。

 

そのため、今後の融資の情勢につきましては、現在よりもますます悪くなるというのは、可能性として考えておく必要がありそうです。

※実際にご興味のある方は個別にお問い合わせください。

 

また、銀行の決算をベースで考えると、次の決算である9月末というのが情勢の変化について予測が立ちますが、現在の市場からすると、そう悠長なことも言ってられず、1月単位で融資の情勢は変わっていくということは、十分に考えられます。

 

そのため、
【取り組めるうちに取り組みをする】これは、投資を行う上で非常に重要な内容でございます。

 

物件価格が下がるまで待ちたい…
◆それを待っていると、融資情勢はより悪化するのでは?

◆残債の減り+入ってくるCFと比較をすると、実際は物件価格が下がっているのと何ら変わりはないのでは?

 

現在の融資情勢を踏まえまして、自身ができることを再確認をし、お取り組みを検討していくのが良いでしょう。

 

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

一覧へ