東京・神奈川・埼玉・千葉の収益1棟物件で
資産形成と資産防衛をトータルコンサルティング

FAMILY AGENT 株式会社ファミリーエージェント

資産形成・資産防衛に関するご相談はこちら 03-6280-6816

東京圏の収益1棟物件お問合せはこちら

AGENT INFORMATION不動産投資AGENT情報

2018.04.26

新築アパートの良さ

本日は新築アパート投資の良さについてお話させて頂きます。

 

以前弊社ブログにて新築アパートについてお話をさせて頂いておりますが、別の観点からお話しさせて頂きたいと思います。

↓新築アパートメリット↓
https://ameblo.jp/family-ag/entry-12356005855.html

↓新築アパートデメリット↓
https://ameblo.jp/family-ag/entry-12360548543.html

 

新築アパートを投資的観点で見た場合、以下2点のメリットがございます。

 

①年間収支に関しては予測収支とのブレが少ない
②減価償却が緩やかなため、デッドクロスになりづらく、相場を見て売却がしやすい

 

①年間収支に関しては予測収支とのブレが少ない

新築アパートは、賃料設定・賃料下落を真面目に考慮すれば、修繕リスクがある中古アパートと比べると、予測収支のブレは少ないです。

 

不動産投資でいくら欲しいが明確で、その額が新築で達成できる人であれば、中古アパートを購入するより、目標達成の可能性は高くなります。

 

②減価償却が緩やかなため、デッドクロスになりづらく、相場を見て売却がしやすい

中古アパートの場合、減価償却で最初の4年間でキャッシュがかなりたまりますが、5年目以降は、税払いが多くなります。
そのため、弊社では短期譲渡から長期譲渡になったタイミングでの売却を提案することが多いです。

また、時代の移り変わりの早さから、何十年といったシミュレーションを作る意味が全くないので、10年前後での運用を提案しております。

 

新築アパートの場合でも、10年前後での売却を提案しておりますが、減価償却が緩やかなため、デッドクロスになりづらく、相場を見て売却がしやすいという点では、メリットではないでしょうか。

 

中古アパートの方が収益性は当然高くなりますが、そこに修繕リスク・売却相場リスクが加わります。

 

そういったリスクをあまり考えたくないという方に対して弊社でも新築アパートの商品を用意しております。

一覧へ

カテゴリ

  • カテゴリーなし

アーカイブ