東京・神奈川・埼玉・千葉の収益1棟物件で
資産形成と資産防衛をトータルコンサルティング

FAMILY AGENT 株式会社ファミリーエージェント

資産形成・資産防衛に関するご相談はこちら 03-6280-6816

東京圏の収益1棟物件お問合せはこちら

AGENT INFORMATION不動産投資AGENT情報

2019.03.13

購入することが果たしてゴールなのか

本日は、「購入することがゴールなのか?」という点について、お話をさせて頂きます。

 

 

最近では減ってきた事例ではございますが、お客様よりお問合せ頂くご内容でございます。

 

物件を買いたいんですが、買えますか?

 

詳細にお客様の内容をお伺いしてみると、既に借入が数億円あり、某S銀行にて高金利にて融資を取り付けておりました。

 

しかし、金融資産の面やご年収の面を見てみると、弊社の見解としては、購入はしていける可能性はあります。
という回答にはなります。

 

しかし、果たしてその方にとって、物件の購入をすることが正解なのでしょうか?

 

 

勿論のこと、弊社は仲介の不動産業者であるため、不動産の購入(もしくは売却)をして頂くことで、手数料を頂く商売でございます。

 

しかし、お客様にとっては、購入することがゴールではなく、購入をし運用をしたうえで、資産形成をする(厳禁な言い方とすると金儲けをする)ということが、目的となるのではないでしょうか。

 

すると、必ずしも物件を購入することが資産形成につながることはイコールではございませんので、この点につきましてはお客様自身良く理解して頂くことが大切です。

 

融資がついて購入できるから買う。

このような、思考を捨てないと、昨今まで話題になっておりました、1法人1銀行スキーム、二重売買契約書スキーム、金融資産の改ざんなどといった、悪い業者からの誘いに乗ってしまうということになりかねません。

 

そのため、購入ができた上で投資として成り立つかどうか、という点は非常に重要となってまいりいます。

 

実際には購入することはできるが、

■繰り上げ返済をしたほうが、物件を購入してリスク分散をするよりか収支として良くなるケース

■損切りをしてでも物件を売却をしたほう良いケース

 

このようなケースもございますので、物件の買い増しをすることが必要なのか、もしくは上記のような内容にて自身の資産状況を改善する必要があるのか。

 

物件購入の検討をしていく前に、一度ご自身の中で吟味をして頂くのが良いでしょう。

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

一覧へ