東京・神奈川・埼玉・千葉の収益1棟物件で
資産形成と資産防衛をトータルコンサルティング

FAMILY AGENT 株式会社ファミリーエージェント

資産形成・資産防衛に関するご相談はこちら 03-6280-6816

東京圏の収益1棟物件お問合せはこちら

AGENT INFORMATION不動産投資AGENT情報

2018.02.06

駅距離のある物件は投資として成り立つの??

本日は、駅から遠い物件の賃貸需要についてお話しをさせて頂きます。

 

お客様と今後の投資展開について等、お話しをしていると、『駅徒歩10分以内』というように、駅距離を限定されるお客様が多くいらっしゃいます。

 

お客様が駅からの距離を重要視するのも無理ありません。

その理由といたしましては、賃貸の需要のみならず、物件の絶対数が限られているため、売買においても需要が下がりにくいためです。

 

それでは実際問題、駅から遠い物件ってどうなの?

このような疑問がうまれてくるかと思います。

 

答えといたしましては、駅から遠いからと言って、一概には投資として良くないとは言えないということです。

 

その理由といたしましては、、、

 

 

①賃貸について

部屋を借りる方のほとんどの方は、そこに住まなければならない理由があり、住んでいるということです。

 

駅から近ければ電車を利用し、勤め先、学校といったように出勤・通学といった層がターゲットとなるでしょう。

 

それでは、駅から遠い物件はどうでしょうか?

これは、エリアにもよりますが、駅から遠くても、近くに工場がある。事務所がある。というように、勤務地が駅から離れているが、職場・学校が近いなんてことも多々ございます。

 

これは、生活の基軸がどこにあるのかということです。

 

住む人によっては、生活の基軸となる場所は変わってまいります。

そのため、駅から離れているからといって、賃貸の需要がないというのは、一概には言えないということです。

 

また、駅から遠くてもファミリータイプの間取りであったり、駐輪場、駐車場が付帯しているといった内容であれば、ある程度の緩和はできるかと思います。

 

 

②売買について

それでは、次に売買についですが、駅から近いことのメリットといたしまては、物件の絶対数が限られているため、売却時に金額を下げにくいという点がございます。

 

しかし、ここで考えて頂きたいのは、駅から離れることで必然的に物件価格は下がってくるということです。

 

駅から離れており土地の値段がいくらか落ちてくるため、土地を広く使うことで銀行の評価が出やすい物件も出てきやすくなっております。

 

アパートにおいては、

『銀行の評価が出やすい→購入しやすい→売却しやすい』

このようなサイクルができてまいります。

 

現在の不動産投資の市況におきましては、サラリーマン投資家の方々がほとんどを占めております。そのため、駅近で物件価格の下がりにくい物件を購入するのも一つの方法ですが、次の買い手が手を出しやすい物件を購入するのも大切ではないでしょうか。

 

 

③運用について

最後に運用についですが、駅距離のある物件であれば物件価格が落ちているため、駅近の物件よりも、利回りの高い物件が多くございます。

 

同じ金額で投資ができるのであれば、駅から少し離れて収益性の高い物件を選ぶというのも選択肢のうちの一つとなるのではないでしょうか。

 

このように、駅から遠い物件であっても、エリア、物件がしっかりしていれば十分に投資として取り組んでいける物件が多くございます。

駅近物件のみを探して、いつまでたっても投資に取り組むことができないお客様。または、駅近のため土地面積が狭く評価が出ないため融資がついてこず、取り組めていないお客様。

 

 

お客様が求めているのは、果たして駅近の物件なのでしょうか?

『純資産の増加』が目的ではございませんか?

一覧へ

カテゴリ

  • カテゴリーなし

アーカイブ