【個別相談会】融資情勢悪化の可能性あり!?条件良く物件取得をするために!

2020/01/06

いつもお世話になっております。
ファミリーエージェント田頭です。

 

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 


本日は4月からの連帯保証人における民法改正に伴いまして、
『自身のできることは何?』
個別相談会、会催のお知らせでございます。

 

一般的に考えますと、
この時期から金融機関の決算月である「3月末まで」の決済というのは、
銀行において1つの節目であり、
融資条件が緩くなるケースがございます。

 

今年の3月末には上記のような条件に加えまして、
4月には「連帯保証人における民法の改正」が控えております。

 

 

※ご興味のある方は個別にてご説明をさせて頂きます。

 

すると、4月からの融資条件が厳しくなる点や、
銀行の決算期を考えますと、
3月末までの決済というのは見据えるべきポイントの1つではないでしょうか。
※年明け早々にも、
既にある金融機関より融資条件が変わる可能性がある旨の連絡も入ってきております。

 

3月末までの決済ということを考えますと、
契約⇒融資審査⇒決済
不動産の通常取引きの流れより、
今から物件取得を視野に入れて行く必要がございます

 

物件の取得においては、
『自身ができること』を明確にした方が、
お取り組みまでスムーズにいくケースが多くございます。

 

そのため、金融情勢が変わり取り組みが困難になってしまう前に、
具体的な物件取得を見据え、
この個別相談を通じて理解してみてはいかがでしょうか。

 

お申込みをご希望の方は、
ご希望の日時をご記載の上お問合せをお願い致します。

 

◆日程:終日開催
◆時間:9:00~21:00
◆場所:弊社オフィス(中央区銀座6-10-1 GINZA SIX11階)

 

皆様からのお申込みお待ちしております。
最後までご覧頂きましてありがとうございました。

この物件に問い合わせる

お名前必須

例:山田 太郎

メールアドレス必須

例:abc@family.ne.jp

お問い合わせ内容

※「送信ボタン」を押すとすぐに送信されます。入力内容をご確認ください。

物件情報について

地積、建物床面積、仕様に変更が生じる場合があります。
図面と現況が異なる場合には現況を優先します。
物件情報は最新のものをご提供させて頂きますが、万一売約済の場合はご容赦ください。
掲載物件の取引態様が「仲介」となっているものは、仲介手数料減額物件を除き、ご成約の際に規定の手数料及びそれに係わる消費税を別途申し受けます。

TOP