【都内23区】土地積算≧物件価格×出口戦略の取りやすさ◎|担 当:黒 川

2021/09/14

いつもご覧いただきありがとうございます。

ファミリーエージェントの黒川です。

 

本日は、都内23区にて
土地積算が物件価格の120%超となっている
1棟アパートのご紹介です。



~ おすすめポイント ~

▶積算評価≧物件価格
▶出口戦略◎
▶含み益による純資産増加の加速
▶ファミリータイプ×満室稼働中!

ご興味がありましたら
以下より詳細をご確認ください。

 

=====《 物件概要 》=====

■所在地  :練馬区西大泉4丁目

■交通   :西武池袋線『大泉学園』駅 バス11分

■土地権利 :所有権

■土地面積 :約677.64㎡(約204.98坪)

■都市計画 :市街化区域

■用途地域 :第一種低層住居専用地域

■建蔽・容積  :50%/100

■建物面積 :約342.72㎡(約103.46坪)

■構造   :軽量鉄骨造2階建

■建築年月 :平成4年5月(築29年)

■物件価格 :10,600万円

■想定収入 :約636.9万円

■想定利回り:約6.0%

■接道   :西側公道幅員約4.0m

■間取り  :3DK×4戸,3LDK×2戸
       ※満室稼働中
       駐車場5台(4/5台稼働中)

 

【現地確認時】
現地確認時は事前に担当まで必ずご連絡ください。
【情報漏洩注意】
管理会社への連絡/近隣への聞き込み/
他不動産会社への問い合わせは情報漏洩となり、
お取引できない場合がありますのでご注意ください。
===============

【 資産価値 】

本物件は、下記の通り
土地積算評価が物件価格を上回っております。

そのことから、
債務超過を抑えてのお取り組みだけでなく、
資産状況を整えたい方に是非ご検討いただきたい
物件となっております。

都内23区内では、
物件価格を上回る積算評価が見込める物件
希少性が高くなっております



【 出口戦略 】

本物件は、
築29年の軽量鉄骨造となっております。

法定耐用年数越えの軽量鉄骨造は
最短5年で減価償却が可能なため、
建物割合を調整してご売却を検討された場合、
税圧縮を目的とした方からの需要が見込まれます。

また、土地面積が広いことから、
長期保有後、土地としての売却出口
ご検討いただけます。

その際、下記のように
戸建用地として分筆の上でのご売却も
ご検討いただるのではないでしょうか。



本物件の位置するエリアは、
最低敷地面積が75㎡に指定されております。

そのため、
上記のように6区画に分筆の場合、
各土地が約95㎡となるため、
分筆が可能です。

また、本物件周辺には
土地面積100㎡前後の戸建が多いことから
6区画での分筆が妥当であると考えます。

本物件周辺は戸建も多く建っており
将来の戸建用地としての需要
見込みやすいのではないでしょうか。


【 純資産増加の加速 】

既にご説明をさせていただきました通り、
本物件は土地値による下支えがございます

また、出口戦略も見込まれやすいことから、
売却時の価格下落を抑えやすい
考えられるのではないでしょうか。

そのため、
下記図の通り、元本返済分が
ダイレクトに含み益となりやすく
【 キャッシュフロー+含み益 】
となるため純資産増加を加速させやすい点が
本物件の最大の特徴となります。



【 まとめ 】

▶23区内にて土地積算≧物件価格
 ⇒希少性の高さ
▶土地値の下支えによる資産性
 ⇒純資産増加の加速
▶出口まで見据えた不動産投資

・債務超過を抑えたお取り組みをお考えの方 
・バランスシートを整えられたい方 
・出口を見据えた投資をお考えの方 

是非本物件をご検討くださいませ。

融資付けや想定収支につきましては、
個別にご提案させていただきますので、
お気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

担当:黒川
メール:yohei.kurokawa@family-group.jp

この物件に問い合わせる

お名前必須

例:山田 太郎

メールアドレス必須

例:abc@family.ne.jp

お問い合わせ内容

「送信ボタン」を押すとすぐに送信されます。入力内容をご確認ください


※送信完了までに時間がかかることがございます。そのままお待ち下さい。

物件情報について

地積、建物床面積、仕様に変更が生じる場合があります。
図面と現況が異なる場合には現況を優先します。
物件情報は最新のものをご提供させて頂きますが、万一売約済の場合はご容赦ください。
掲載物件の取引態様が「仲介」となっているものは、仲介手数料減額物件を除き、ご成約の際に規定の手数料及びそれに係わる消費税を別途申し受けます。

TOP