築浅アパートのメリット/デメリット解説します!

2021/03/25



いつもご覧いただきありがとうございます。
ファミリーエージェントの中里です。

本日は、
なぜ築浅を選ぶのかというテーマについて
具体的な物件をもとに解説致します。

ご興味がありましたら以下をご覧ください。

~~ご説明内容~~
 ■長期間融資
 □賃料の下落幅
 ■減価償却と名義
 □具体的な収支
~~~~~~~~~

■長期間融資 
築浅のアパートは築古と比較して
長期・低金利の融資が検討しやすいです。

築古に対するアパートの場合ですと
アパートローンの金利が
3%を超えてしまうことが多いです。

ただ、築年数が浅ければ
3%以下の金利にてお取り組み頂ける
ケースが多く、
金利面でのメリットを活かしやすい
という特徴があります。

購入当初については
家賃収入と返済額のギャップが大きく
キャッシュフローを積み上げやすい
ですが、

経年により生じる賃料下落も
加味しなければなりません。


□賃料の下落幅 
アパートの賃料は、
新築から年数の経過とともに
募集賃料が下がっていきます。

23区内の物件において、
シングルタイプ :20年で約17%
ファミリータイプ:25年で約22%
程度の賃料下落の後、
底値に収束していくと分析されております。


経過年数分、
新築より下落幅が大きくないことは
総じて言えそうですが、

物件ごとに、
何年後にどのくらいの賃料になるか
という展望を持って検討することが重要です。


■減価償却と名義 
築年数によりますが、築浅の物件の場合、
減価償却の最短期間が10~20年
となることが想定され、

建物割合を高くとっても、
帳簿上の収支が黒字になりやすいです。

総合課税につき、本業の所得が高いほど
高い税率により税負担が大きくなる為、

資産管理法人を設立してのお取り組み
を考えられても良いかもしれません。

※法人設立の場合も、
設立費用や維持費用が生じますので
どちらのメリットが大きいかで
ご判断いただくことになるかと思います。

お客様の現在のご状況や
検討される物件の規模感によって

弊社からお勧めのお取り組みを
ご提案することも可能ですので
お気軽にご相談いただければと思います。

<お問い合わせはこちら>


□具体的な収支 
以下の物件を参考に、ご説明します。

年収1,000万円以上/金融資産1,000万円以上
既存のお借り入れが少ない方
につきましては、

金利3%以下/期間30年前後/~90%融資
でご検討いただけそうです。

仮に金利3%/期間30年/90%融資
で取り組まれた場合、

満室想定賃料 :  564万円
空室損・運営費:▲ 129万円※23%想定
ローン返済  :▲ 294万円
-------------------------------
計      :  141万円

という収支が想定されます。

所得税・住民税・法人税等のバランスは
お客様のご状況によって異なりますので

ご状況をお伺いしたうえで
個別具体的にご提案差し上げられれば
と思います。


最後までご覧いただきまして
ありがとうございます。


本日は
新築・築浅・築古とある中の
築浅の場合にフォーカスして
ご提案差し上げました。

お客様の状況によって
・できること
・すべきこと
が異なりますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせお待ちしております。
<お問い合わせはこちら>

この物件に問い合わせる

お名前必須

例:山田 太郎

メールアドレス必須

例:abc@family.ne.jp

お問い合わせ内容

「送信ボタン」を押すとすぐに送信されます。入力内容をご確認ください


※送信完了までに時間がかかることがございます。そのままお待ち下さい。

物件情報について

地積、建物床面積、仕様に変更が生じる場合があります。
図面と現況が異なる場合には現況を優先します。
物件情報は最新のものをご提供させて頂きますが、万一売約済の場合はご容赦ください。
掲載物件の取引態様が「仲介」となっているものは、仲介手数料減額物件を除き、ご成約の際に規定の手数料及びそれに係わる消費税を別途申し受けます。

TOP