【税圧縮効果×修繕実施予定】荻窪エリア7,600万円

2020/09/23

【おすすめポイント】

税圧縮効果大!
JR中央線/丸の内線「荻窪」駅
外装修繕実施予定

ご年収が高く
所得税・住民税を圧縮したい
とお考えの方におすすめの物件です。



※修繕後イメージ


【物件詳細】

==============================
■所在地    :東京都杉並区桃井一丁目
■交通     :JR中央線/丸の内線「荻窪」駅徒歩17分
■土地権利   :所有権
■土地面積   :85.71㎡(約25.93坪)
■都市計画   :市街化区域
■用途地域   :第一種低層住居専用地域
■建ぺい率/容積率:60%/150%
■建物面積   :86.64㎡(約26.21坪)
■構造     :木造2階建て
■建築年月   :1991年4月(築29年)
■物件価格   :7,600万円
■想定家賃年収 :約471万円
■満室利回り  :約6.2%
■間取り    :1K×8戸
■接道     :北側私道 幅員約3.7m(持分あり)

【現地確認時】 現地確認時は事前に担当まで必ずご連絡ください。
【情報漏洩注意】管理会社への連絡/近隣への聞き込み/他不動産会社への問い合わせは
情報漏洩となり、お取引できない場合がございますのでご注意ください。
==============================


【融資・運用】

本物件は、減価償却を用いて税金を圧縮することで
効果的に運用いただけます。

・金利2.55% 期間22年 8割融資
・ご年収3,000万円
・建物割合70%、減価償却期間4年

という条件を想定いたしましたところ、

約1,330万円/年の減価償却費を経費として計上できるため、
会計上では年間約1,066万円のマイナス収支となります。

よって、年間約478万円の税圧縮効果を得られ、
税引き後のキャッシュフローは約489万円となります。





【修繕リスク】

本物件は、売主の負担にて外装修繕実施予定となっております。

一般的に大規模修繕の頻度は10年~15年程度のため、
仮に減価償却終了後、
長期譲渡を迎える6年後での売却を想定した場合、
大規模修繕の費用を負担することなく売却できる可能性が高くなります。

本物件については修繕をすると
費用が100万円ほどかかってきますので、
そうした突発的な修繕費用が発生するリスクを抑えられ、
安定した運用を見込める物件といえるのではないでしょうか。


【エリア】



本物件の位置する「荻窪」駅は、
JR中央線丸の内線の二路線が利用可能であり、

新宿駅まで乗り換えなし9分渋谷駅や池袋駅まで15分
と都心へのアクセスに非常に便利な立地にあります。

丸の内線の始発駅でもあることから、座っての通勤も可能です。



また、スーモが発表している住みたい街ランキングでは、
東京都民ランキングでは9位総合ランキングでは24位にランクインしております。

東京以外ではあまり知名度がないものの、
駅周辺に多くの商業施設があり、都内へのアクセスも良いため
都民にとっては人気のある街であるといえます。

本物件は、駅徒歩17分と駅距離がございますが、
十分な賃貸需要が見込めるのではないでしょうか。


【まとめ】

・ アクセス良好なJR中央線/丸の内線「荻窪」駅で
・ 減価償却を用いて税圧縮効果を得られ
・ 修繕リスクを抑えた運用のできる

本物件、ご検討いかがでしょうか。

この物件に問い合わせる

お名前必須

例:山田 太郎

メールアドレス必須

例:abc@family.ne.jp

お問い合わせ内容

※「送信ボタン」を押すとすぐに送信されます。入力内容をご確認ください。

物件情報について

地積、建物床面積、仕様に変更が生じる場合があります。
図面と現況が異なる場合には現況を優先します。
物件情報は最新のものをご提供させて頂きますが、万一売約済の場合はご容赦ください。
掲載物件の取引態様が「仲介」となっているものは、仲介手数料減額物件を除き、ご成約の際に規定の手数料及びそれに係わる消費税を別途申し受けます。

TOP