【水面下新築案件入ってきております】

2020/04/23

 【 新築案件をご検討の方に 】
~~水面下・好条件新築案件のご案内~~

 

いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。
ファミリーエージェントです。

 

この度、当社にて売主直の≪新築案件≫情報を
10件程仕入れてきました。

 

※今回、売主のご意向で
「水面下」でのご紹介となります。
物件資料ご請求をご希望の方は末尾フォームより

お気軽にお問合せください。

 

   ~~~新築のメリット~~~
☆融資検討しやすい(金利1%台融資も!)
☆修繕リスク少(経年劣化ゼロで保有開始)
☆出口見込あり(アパートローンの買い手見込み)
☆賃貸付け競争率高め(最新設備での募集)

 

価格交渉も頑張っていきます!

千葉県船橋市・神奈川県川崎市の立地にて

利回り8%でのお取り組みの可能性ありです!

 

都内案件もございます!

 

金利1%台でもしご検討出来る方

収益性バツグンの新築アパート投資検討可能です。

 

物件情報にご興味ある方からの
お問合せもお待ちしております。

 

この機会にご検討いかがでしょうか。

資料請求は末尾フォームより、

お問合せ頂ければと存じます。

 


以下、「融資」等、
新築物件運用ポイントでございます。

 

≪ 新築運用のメリット ≫

 

☆ 融資検討しやすい

 

≪銀行融資≫「耐用年数」で融資判断する金融機関が
多いのが実情です。

 

「新築」は最も長く「耐用年数」が残っており、
≪融資検討がしやすい≫のが特徴です。

 

ご提案事例
〔ご年収700万円超の主にサラリーマン・公務員の方〕
・金利2%台 30年 95%融資

〔ご年収1,200万円超の方など〕
金利1%台 22~30年 80%~90%融資

等がご提案可能です。

 

木造でも地方銀行・信用金庫などの「プロパーローン」の
ご検討ができ、ご属性によっては金利1%台融資検討可能です。

 

初期投資のタイミングで、RC等よりも価格を抑えて、
「事業」を検討されていく方などはおすすめの内容です。

 

☆ 修繕リスク少

 

当たり前にはなりますが、
新築物件は当然経年劣化がない状態
でご購入検討できます。

 

突発的な修繕リスクなし
⇒ブレの少ない収益シミュレーションの実現

 

が検討でき、安定した経営が検討可能です。

 


☆ 出口見込について

 

新築は築年数から、
「出口でもアパートローン」の利用見込みが立ちます。

 

例えば、築10年のタイミングでご売却しても
「金利2.3% 期間30年 90%」あたりの
ご融資条件が現状で検討可能です。

 

築20年のタイミングで売却検討しても
「金利3% 期間30年 90%融資」あたりです。

 

ご年収700万円以上の方からの買い手見込みがつきます。

 

※アパートローンはリーマンショック時でも、
融資条件目線がほとんど変わっていなかった為、
「出口目線」としてアパートローンの目線は
比較的堅実かと思われます。

 

☆ 賃貸付け競争力高め

 

新築等のメリットは設備が新しいところが
賃貸付けでのストロングポイントです。

 

バストイレ別・室内洗濯機置き場の他
「浴室乾燥機」「室内ラック」
「IHクッキングヒーター」
等、設備が充実しているケースが多いのも特徴です。

 


以上メリットの反対に、デメリットとしては、
・運用年数に応じた家賃下落
が考えられてしまうのが特徴です。

 

その為、新築物件では、
・適正家賃と今後の推移
・適切な出口検討
を考えていく必要があります。

 

※反対に、修繕リスクが少なく、
上記をきちんと踏まえれば、
安定した賃貸経営を見込んでいけます。

 


◆収益評価の出やすい新築での事業拡大・開始検討の方
◆プロパーローンで一棟目をご検討の方
◆初めて不動産投資を始められる方
◆相続対策をご検討の方

 

上記の方々等、この機会にご検討いかがでしょうか。
※物件情報にご興味ある方からのお問合せもお待ちしております。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

この物件に問い合わせる

お名前必須

例:山田 太郎

メールアドレス必須

例:abc@family.ne.jp

お問い合わせ内容

※「送信ボタン」を押すとすぐに送信されます。入力内容をご確認ください。

物件情報について

地積、建物床面積、仕様に変更が生じる場合があります。
図面と現況が異なる場合には現況を優先します。
物件情報は最新のものをご提供させて頂きますが、万一売約済の場合はご容赦ください。
掲載物件の取引態様が「仲介」となっているものは、仲介手数料減額物件を除き、ご成約の際に規定の手数料及びそれに係わる消費税を別途申し受けます。

TOP