「高稼働はメリットで低稼働はデメリット」

2021/05/25

いつもご覧いただきありがとうございます。
ファミリーエージェントです。


不動産投資は入居者様の賃料が主な収入源で、
そのためには稼働率(入居率)がカギです。

一般的に、
入居率が高いことを高稼働
    低いことを低稼働
と呼ぶことが多いです。

高稼働であることのメリットは、
物件所有当初から
安定した高水準での賃料収入が見込めることです。

低稼働だと賃料収入を見込むことは
高稼働よりは難しいです。

正直そのままだとキャッシュフローは
いい数字は見込めないかと思われます。



しかし、稼働率が低い物件は
本当にデメリットしかないのでしょうか。

どんな物件でも、
修繕や退去後の原状回復をして
適正な賃料設定をすることで
入居付けは見込むことができます。

そして新規で入居付けができた際、
直後の解約リスクは低いのではないでしょうか。
なのでその分の賃料収入は安定するといえます。

さらに高稼働の物件には
デメリットとして考えられるポイントがあります。


物件の間取りや内装などの環境が

入居当初から変更されていた場合、
修繕や原状回復が必要です。
その際入居屋がいると、測量や見積もりができず、
それに伴って次の入居者の募集にも遅れが生じてしまいます。

退去後に見積もりや修繕をすると、
その期間は空室損が発生してしまいます。

稼働率が低くても
適切な環境を整えれば入居付けは可能です。
稼働率が高くても
何の問題もないというわけではありません。

お客様がご所有・ご希望の物件が
どのような稼働率で、
現状の問題や今後想定できる問題はどのようなものか、
より効率のいい投資運用のために
把握しておく必要があるかと思います。

無料の個別相談を承っておりますので、
以下からお申込みいただき、
ヒアリングをさせていただいたうえで
最適なご提案ができればと思います。


ご不明点等ありましたら
お気軽にお問い合わせください。

最後までご覧いただき
ありがとうございました。

この物件に問い合わせる

お名前必須

例:山田 太郎

メールアドレス必須

例:abc@family.ne.jp

お問い合わせ内容

「送信ボタン」を押すとすぐに送信されます。入力内容をご確認ください


※送信完了までに時間がかかることがございます。そのままお待ち下さい。

物件情報について

地積、建物床面積、仕様に変更が生じる場合があります。
図面と現況が異なる場合には現況を優先します。
物件情報は最新のものをご提供させて頂きますが、万一売約済の場合はご容赦ください。
掲載物件の取引態様が「仲介」となっているものは、仲介手数料減額物件を除き、ご成約の際に規定の手数料及びそれに係わる消費税を別途申し受けます。

TOP